会社設立とは、登記をして法人としてスタートすることで、事業を始めた時期を示す創業とは異なる場合があります。
創業と同時に会社を設立をした場合は、創業日と会社の設立日が同じ日になります。



会社設立というと難しく聞こえるかもしれませんが、会社を作ること自体はそれほど難しいことではありません。

今では役員を自分ひとりで、資本金も1円から設立をすることができるようになりました。

会社設立情報選びはインターネットで行う時代です。

以前は有限会社や株式会社等の形態を選べましたが、今現在では有限会社の新規設立が出来なくなっているので、一般的に個人が会社を設立とするとなると、株式会社を設立することが一般的です。



会社設立のメリットは、株式会社では会社の利益にかかわらず、法人事業税等が年間最低7万円ほどかかりますが、社会的に信用度が増すことと、財務・経理上の利点などがあげられます。


大まかな設立までの流れとしては、事業目的や商号、会社資本金の額や会社所在地など、あらかじめ基本的な事項を決めたら、同じ商号がすでに存在していないかなど、商号や事業目的などを法務局などで確認・調査します。次に会社の代表印をつくり、会社定款や会社設立申請書などの書類の作成をします。



こちらで情報が絶対見つかる。

会社定款は公証役場で、公証人の認証を受けます。


ここまで終わったら、資本金を銀行に振り込み、払込証明書とともに法務局に会社設立登記の申請を行います。その後、税務署などに各種会社設立後の届出も行います。

会社設立の申請手続きは司法書士などの専門家に依頼したり、手続きの手順や必要書類などについて詳しく書かれた書籍などもあるので、管轄の役所などに問い合わせたりしながら自分で行うこともできます。
地域のセミナーなどでも、会社設立や手続きなどのサポートしてくれる場合もありますので、相談してみることも可能です。

会社設立の手続きに掛かる費用は、印紙代などのさまざまな手数料に25万円前後、時間にして数日から十数日くらいで出来ます。

名簿の買取に対する不安感を取り除くための安心情報満載です。

電気料金の削減が広く知れ渡ってきました。

最近話題の美容の開業が今、話題になっています。